2005年06月27日

愛する娘に無農薬のチモシーを

今まで娘に上げていた牧草の質が落ちてきたらしく、与えたものをなかなか食べてくれない。
嫁さんに聞くと、取引も長く信頼できる相手だったらしいのだが、如何せん相手は植物。天候にだって左右されるだろうし、かといっておいしい牧草ができるまで待っていたのでは娘が餓死してしまう。仕方が無いので新しい取引先を探すことにした。

牧草を選定していく途中で気になったのが栽培中の農薬と輸入時の消毒。
貧乏な僕は仕方の無いものとして農薬を使用して育った野菜を食べている。しかし、僕らの何十倍もの速さで一生を駆け抜けていく娘には良いものを食べさせてやりたい。というのが嫁さんの考えだ。僕もその意見には賛成。だって、一ヶ月の娘の食費は一回の飲み代にも満たないんだもの。

輸入チモシーへの農薬使用が気になったので農林水産省の食物検疫所にメールフォームから問い合わせをしてみた。以下、一部引用。

-------------
質問1 「無農薬・無くん蒸でのチモシー輸入は可能か?」

回答: 輸入時の検査で検疫病害虫の付着、輸入禁止植物の混入がみられなければ、 無
農薬・無くん蒸でのチモシー輸入は可能です。

(輸入検査等についての詳細は、植物防疫所ホームページの輸入検査(貨物)につ
いて(http://www.pps.go.jp/faq/index.html)を参照してください。)

なお、
1 輸入検査で検疫対象害虫が認められた場合では、消毒(くん蒸)することができ
る害虫のみが発見された場合、その消毒(くん蒸)後、輸入が可能となります。
2 輸入禁止の対象病害虫等や、チモシー牧草の中に輸入禁止植物(例えば、アメリ
カ合衆国産のコムギ属茎葉、カモジグサ属茎葉等)の混入が認められた場合、輸入
することができない場合があります。
(輸入禁止植物の詳細は、植物防疫所ホームページの「別表2「輸入禁止地域及び
植物」」(http://www.pps.go.jp/law/shourei/list2.html)を参照して下さい。)
3 輸入の牧草では、麦わら(コムギ属茎葉、オオムギ属茎葉等)等の輸入禁止植物
の混入リスクを避けるために一定の条件(条件の中にリン化アルミニウムくん蒸が
ある)で、アメリカ合衆国、カナダから輸入されている牧草があります。
(輸入禁止植物の輸入解禁について
(http://www.pps.go.jp/conditional/index.html)をご参照下さい)
4 上記以外の場合は、輸入された牧草が輸出国で 無農薬・無くん蒸であるかどうか
は、植物防疫所では全くわかりません。
-------------

なるほど。検査体制さえしっかりしていれば制度上は可能。と言うことは、後はいかに信頼できる業者さんを探すかだね。

娘よ、もう少し待つのだ。
おいしい牧草見つけるからね。
banner_03.gif
posted by 司馬 at 19:42 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
2005年06月26日

スターウォーズエピソード3



先日の土曜に、スターウォーズエピソード3を見に行ってきた。嫁さんは今回の公開を心待ちにしていたのだが、僕はスターウォーズを見たことが無いため事前にエピソード1,2をビデオで予習してからの観賞となった。

以来、ユアン・マクレガー演じるオビ=ワンが僕の心を捉えて離さない。
僕もあんなマスターが欲しいなぁ。
banner_03.gif
posted by 司馬 at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
2005年06月23日

活水処理

活水処理
と聞いてどんなことを思い浮かべるだろう。
私は残念ながら否定的なイメージしか浮かばなかった。
ご飯を食べてのんびりしている所を遠慮のかけらも無く襲撃するチャイムの音。

「お宅の水道水をいっぱいコップに汲んでいただいて水質の検査をしたいのですよ」

奴は名乗らない。
うちは浄水器つけてるんだよね。

「浄水器どうのじゃなくて活水処理の詳しいことを知っていただきませんと」

管理会社を通して欲しい旨伝えるも

「水道管の中のことは管理会社さんじゃ無理ですから」

なら貴様のところでも無理だろう。
腹が立って仕方が無いので嫁さんと撃退方法を考えてみた。

1.ゆうこりんのまねをする
「うちは〜☆りんごと〜ももを〜 たべているので〜 水はいらないんですよ〜♪」
一押し。

2.悪霊退散
『活水・・・』と相手が用件を切り出しかけたら間髪をいれずに『でたな!!!』『悪霊退散!!!!』で、塩を撒いて扉をばたん。
迫真の演技が必要とされる。

3.重病人
あらかじめ血糊を用意しておいて、玄関を開けると同時に発動。喀血を装って
「げほっげほっ・・・今、薬を飲むところで・・・すみません」で、ばたん。
汚してもいい服でやろう。

ほかに何か良い方法は無いだろうか?
banner_03.gif
posted by 司馬 at 00:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
2005年06月21日

電車男

今日は記念日。だからというわけではないのだが、嫁さんと一緒に電車男を見てきた。
特にこれといって見たい物があるわけではないと言う時にはYahoo!MOVIESを参考にする。が、『電車男』に関しては「見ていないけど星5つです」やら「見る価値もなし。星1つ」など、おおよそ評価とは言えないコメントがずらずらーっと並んでいる。

続きを読む
banner_03.gif
posted by 司馬 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2005年06月17日

The Incredibles




公開当時見逃してしまった「Mr.インクレディブル」をようやくレンタルで見ることができた。当時の同僚の評判も良かったので割りと楽しみにしていたのだが、いやいや、期待以上の内容で2時間弱の間、食い入るように画面を見つめ、息をつく暇も無く最後まで持っていかれてしまった。

映画の筋を語るのも野暮な話なので詳しくは書かないけど、弾丸よりも速くでエイトマンを思い浮かべてしまった私は、まだ24歳です。
banner_03.gif
posted by 司馬 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2005年06月14日

blogサービス

目標体重:57.0kg
目標までの残り:-3.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:60.5kg
体脂肪率:12.5%
BMI:22.8
最近、Seesaaが本当に重い。
夜になると再構築できないことなんてざらで、ひどいときは投稿ページすら開けない。
Seesaaとは1ヶ月ちょっとの付き合いだが、取り扱いに慣れてきたこともあってなかなか動こうとは思えなかった。
が、しかし、ためしに作ってみたFC2やJUGEMは驚くほど軽いのだ。
これは乗り換え時なのかなぁ・・・
banner_03.gif
posted by 司馬 at 12:00 | 普通普通 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2005年06月13日

修正

嫁さんのBlogの表示がおかしくなってしまっていたので、原因究明を依頼された。

嫁さんは「きのこ」のCSSを元に多少の変更を加えて利用しているのだが、Firefoxでは問題ないのに、IEで閲覧するとプロフィールと直下の項目の間にmarginが入らなくなってしまったのだ。

HTML、CSS両方見ても原因は特定できず。表示順を変えても状況は同じ。ここしかないとプロフィールの設定内容を除いてみると、コンテンツフッターの最終行に改行が入っていた。ためしに改行を削除したところ、正常に表示成功!

これはどっちが悪いんだろうなぁ・・・・
banner_03.gif
posted by 司馬 at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2005年06月10日

てすと

勝手にBlogrankingのバナーが表示されるようにしたいのだが・・・・続きを読む
banner_03.gif
posted by 司馬 at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2005年06月09日

W杯出場決定

本日、男子サッカー日本代表がワールドカップへの出場を決めたわけだが・・・ ・・・
・・・・
・・・・・
おかしい。何の感慨も無い。
もともとジーコJAPANに対しては興味が無かったのは間違いないのだが、それにしたっておかしい。お気に入りの選手が選ばれていないと言うのはもちろんあるだろう。テレビ朝日の実況に興醒めしているということも確かだろう。にしたっておかしい。
心から応援できる日本代表が欲しい。
banner_03.gif
posted by 司馬 at 00:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | football
2005年06月08日

めじ朗2

昨日のその場所に
めじ朗の声は無かった
きっと元気に飛んで行ったんだ
これからも元気で、めじ朗
banner_03.gif
posted by 司馬 at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2005年06月06日

めじ朗

がっこから帰る途中、早稲田実業の脇の道路に緑色の物体が。松ぼっくりのように見えたのだが近くに松の木は見当たらない。 近づいてよく見てみると、それは小さくうずくまった一羽の雛だった。

彼(彼女?)はメジロ。 鶯じゃない。まだまだ幼く、脚力が弱いのか疲れているのか、へたり込んでしまっているようだ。交通量はあまり多くないとはいえ、 家路を急ぐ学大生、周辺住民の自動車が・・・とりあえずは道の脇の植え込みに追いやろうとすると、 その小さな羽根を懸命に羽ばたかせ地面すれすれをおなかも擦りそうな勢いで飛んでいく。50cm飛んでは着地し、また飛んでは着地し。

とりあえず植え込みの中へ緊急避難し一安心。ふと気づけば聞きなれない鳴き声がする。親鳥がいたのだ。しかもきちんと2羽。 1羽は口に餌らしき物まで咥えている。そうだよな、でかい人間が傍にいたら心配でも近寄れないよな・・・
つれて帰りたい衝動をぐっとこらえ、親に一任。帰宅後調べてみれば、まずまず悪くない選択だったようだ。
ヒナを拾わないで
ヒナを拾わないで! - [小さなペット]All About
鳥獣保護法 - [小さなペット]All About 

勝手にめじ朗と命名。めじ朗よ、元気に育て。
明日はどこかで巣箱を買って行こう。

banner_03.gif
posted by 司馬 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

_| ̄|○

フットサルに遅刻して出れなんだ・・・ 1週間の楽しみが・・・

banner_03.gif
posted by 司馬 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

てすと

もぶろぐる
もぶろぐらない
もぶろぐれ
banner_03.gif
posted by 司馬 at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Skype

「無料」
僕はこの響きに弱い。弟がHP作成を始めたため電話をする機会も増えたのだが、いかんせん携帯の通話料金は馬鹿高い。かといってかわいい弟を放置するわけにもいかないので、先日実家に帰ったときに弟のPCにSkypeを仕込んでおいた。

夜になってブラウジングをしていたところ、弟のログインが確認できたので早速Skypeで不意打ち。突然PCから聞こえてきた僕の声に弟はびっくりしたようで、すぐに携帯が鳴った。無料で通話ができるソフトであることを説明し、マイクを繋げさせテスト開始。

最初は声が聞こえさえすればいいやと思っていた。ところがどっこい、これがなかなかよい感じなのだ。当方の環境は通常のブラウジングもやっとこさな下り実行速度1Mbps(47Mbpsでの契約)なのだが、ヘッドフォンから聞こえてくる弟の声にはノイズも乗っていない。弟にもこちらの声が通常の電話程度に伝わっているらしい。こりゃ、よいソフトだ・・・
banner_03.gif
posted by 司馬 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記
2005年06月03日

JavaScript

目標体重:57.0kg
目標までの残り:-3.6kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:60.6kg
体脂肪率:13.9%
BMI:22.8
今日は嫁さんのためにJavaScriptをいじった。
ファイル名を入力すると、指定サイズのサムネイルとオリジナル画像へのポップアップを生成するというもの。
Web上で公開されていたソースをちょこちょこっと書き換えただけで当面の問題は解決したと思ったのだが・・・・

「ファイル名が分からない」

そう来たか、嫁よ・・・・
banner_03.gif
posted by 司馬 at 23:59 | 普通普通 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2005年06月01日

憲法を奪回する人々

目標体重:57.0kg
目標までの残り:-2.6kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:59.6kg
BMI:22.4
カリキュラムの教科書なのだが、一読して考えさせられることが多かった。政教分離、日本人、君が代・日の丸、ハンセン病・・・
憲法問題は日常にしっかりと息づいている。問題意識があるうちはまだいい。怖いのは、これらのことが省みられることが無くなったときだと思う。
いつかまた、同じ過ちを繰り返すことの無いように。続きを読む
banner_03.gif
posted by 司馬 at 23:49 | 普通普通 | Comment(1) | TrackBack(1) | 読書

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。